ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

当選確率1パーセント

ほとんどの人は人生を楽しんでいる。

ほとんどの人は幸福である。

 

満員電車で死んだ魚のような目をした人がいても

彼らは充電しているだけ。

なんて言われた日にゃ、すべての労働問題は解決したように思える。

 

死んだ魚のような目をして満員電車に揺られるサラリーマンにはなりたくない。

って満員電車に乗りたくないって意味なのだろうか?

マイカー通勤なら良いって話?

 

本気で今のままでいいって言ってるのかよ。

そうですか、そうですね。

だって幸福で充実してるんですものね。

 

ブラック企業はごくごく一部で

サービス残業はごくごく一部で

派遣社員もごくごく一部で

倒産する会社もごくごく一部で

ほとんど多くの人は毎日充実している。

 

あるいは低賃金の貧乏暮らしでも幸福で充実している?

 

満員電車「だけ」が理由で起業なんて言わないと思うけど

満員電車の件を論破しても無意味に思う。

そうじゃないでしょ、そうじゃないだろ。

 

アベノミクスは成功で景気はどんどん良くなって

求人倍率も上がってきている。

そりゃよかったね。

 

1億2000万人の日本の中で

不幸なのは1パーセント

おめでとう。

あなたは切り捨てられました。