ペンドの思索

無意味な文字の羅列

好きな国で生きていく!

今までの記事は、別のブログに移して

このブログはもっときちんとした記事を書こう!

と思っていたけれども

まったく書く気力がうせてしまったので

結局、どうてもいい、くだらない記事を書くことしか

自分にはできないことを悟ったのでした。

(ペンドラゴンの試作っていうbloggerのブログに移した。全部手動で!!)

 

twitter.com

 

フリー素材らしく、リンクを辿り該当サイトをみると

画像のキーワードに、中国人、北京というキーワードがある。

この女性が中国人である、という確たる証拠ではない。

証拠はないけど、まぁたぶん、日本人じゃないんだろう。

次はいらすとやの素材で、日本人でよかった、になるのだろうか?

 

先日の「東北でよかった」発言とこの「日本人でよかった」は同じものだと思ってる。

twitterでは東北でよかったのハッシュタグで、盛り上がったようだけれども

意味は同じだと思う。

感動ポルノで盛り上がったときに、バリバラを視聴した時も

障害がなくてよかった、という言葉を批判していた。

 

誰だってそう思う。

思うこと自体は否定されるべきではないし、否定しても意味がない。

私だって、北朝鮮に生まれなくてよかったと思うし

貧乏の家に生まれなくてよかったと思う。

思うけれども、公の場で発言していい訳ではない。

それを言葉狩りだと受け止める人もいるかもしれない。

傷ついた方が悪い、という言う人もいるかもしれない。

 

強靭な精神を持つ人には、言葉狩りに思えるのかもしれない。

それぐらいで傷つくなよって思うのかもしれない。

そういう人が多数派にいる内は、日本はまだまだ繊細で傷つきやすい人には

生きにくい社会なのかもしれない。

 

個人的には、日本が合わなきゃアメリカ行けばいいし

アメリカが合わなきゃ、欧州のどっかに行けばいいと思う。

法律を変えたり、社会を変えるのも一つの方法だけれども

自分が移動するというのも、アリなんじゃないかな?

そういう世界になったら、いいと思う。

 

会社の社風を変えるより、転職した方が早いのと同じように。

自分に実力があるなら、環境を変えてもいいけれども

やっぱり他人を変えるのは難しいと思う。