読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

人生の素晴らしさを教えるのが教育だと思う 絶対に試験に出ない教育問題

人を好きなる理由というのは些細なものだ。

雛鳥は初めて見たものを親と認識する。

ではブロガーはどうであろうか、生まれて初めて言及されたとき

何を思うのであろう。

 

watto.hatenablog.com

 

それは、まるで稲妻に打たれたかのような眩い光

強烈な刺激

神様を見たことがあるかと聞かれれば、

この日、私は神に出会ったのだ。

 

神は私に声をお掛けくださった。

言及である。

 

それが、なんとまぁ1年半後

教育に関するエントリーを書いたら、批判されてしまったでござる(ノД`)・゜・。

 

大学って無意味。高卒で就職すればいいよ。高校も本当は要らないかも? - ペンドラゴンの思索

これには異議あり。確かに大学での専門教育のうち、仕事で使うのはごく一部。すげー効率悪い。しかし使わない専門知識がたくさんあるから、使う知識も得られた。使う知識だけを選択的に得る手段ってあるのだろうか?

2017/01/09 12:05

b.hatena.ne.jp

 

言いたいことは分かります。

仕事に必要な知識を学ぶのに、それだけをピンポイントで勉強できるのか?

ということだった。

 

例えば、

「ビタミンCを摂取するのにバナナ全部食べる必要はない。

 バナナからビタミンCを取り出して、それを食べればいい。」

ということに似ているのだろう。

そんなことは不可能だ。

でも、バナナの木の枝や根や葉は食べなくてもいいと思う。

 

kinokonojikan.com

 

しいたけを食べるって無意味。エリタデニンだけ取り出して食べればいいよ。野菜も本当は要らないかも? 

 

これには異議あり。確かしいたけの成分のうち、エリタデニンはごく一部。すげー効率悪い。しかし不要な成分がたくさんあるから、必要な成分も得られた。必要な成分だけを選択的に得る手段ってあるのだろうか?

 

こんなこと書くと、本当に怒られるかも!

でも、書きたい!

ビタミンCだけ、エリタデニンだけを取り出して食べられるなら

食べて見ろって話です。

ミキサーで粉々にして、化学的になんとかすれば

取り出せるかも知れませんが、それはもはや食品とは言えないですね(笑)

 

これは認識の差だと思う。

大学は役に立つと思っている人と、役に立たないと思っている人の違い。

 

無駄の大きさが違うのだ。

大学意味ある派と意味無い派を図示してみた。

f:id:parthur:20170128232348p:plain

 

赤い部分が役に立つ部分

意味ある派は、役に立つ部分が大きい

意味無い派は、役に立つ部分がかなり小さい。

 

この差を埋めるには、データが必要だ

根拠がないと、この2つの派閥は和解できない。

どういうデータが必要かは、分からないけれど。 

 

閑話休題

d.hatena.ne.jp

 

今回は、絶対に試験に出ない教育問題を考えようと思う。

原点回帰にして、出発点。

さっきの「大学意味ある無意味派閥問題」は、前フリで本論ではない。

だから、さっきの例え話や図が、見当違いのことを言ってるかもしれないけど

聞き流して欲しい

自分でも、なんだか違うなぁと思いながらペイントで書いた。

反省はしている・・・

いや、反省はしない! 

 

d.hatena.ne.jp

 

<試験に絶対出る教育問題>
以下の問題に答えよ。制限時間なし
.
1 欧米に日本のような予備校や塾はない。
  なぜ日本ではダブルスクール化が進んでいるのか。
2 社会に出て必要な「法律」も「経済」も教科にないのはなぜか。
3 「受験」と「教育」と「学問」の違いについて述べよ。
4 「受験秀才」とは揶揄か褒め言葉か。その理由も述べよ。

 

これを真似して、試験に絶対に出ない教育問題を考えたい。

なぜ試験に出ないのかは、今の日本の常識を根本から覆す考えを求めているから。

文科省がそんなことは許さない。

考えるときに常識はいらない。

考え終わった後に、常識と照らし合わせればいい。

とりあえず、アイデアは無限大に出そう。

 

<試験に絶対出ない教育問題>
以下の問題に答えよ。制限時間なし!

 

1 よい人生とは何か?

2 よい社会とは何か?

3 教育とは何か?

4 学問とは何か?

5 教育と学問の違いは何か?

6 どのような教育が望ましいか?

 

3、4、5は同じ問題

とりあえず定義してもらって、その後で細かい違いや線引きをする感じ。

大学不要論でごっちゃになったのも、ここのあたりだと思う。

問題の構成は、理想の社会や人生をイメージしてもらって

そのために、何が必要かを考えてもらいたい。

答える順番は特にない。

番号は振ってあるけど、小論文みたいに書いてもいい。

6つのテーマが書かれていれば、それでいいです。

 

現状の教育問題を解決する方法を出題すると

どうしても常識に捕らわれてしまう。

お金がないとか、自民党はそんな政策しないとか

そんな現実的でどうしようもない回答は見たくない。

 

問題に答えよ、って書いたけど

別に誰かに答えて欲しいわけじゃないです。

僕はいつも、そもそも理想の社会は何か?とか

そもそも論から出発しているということを、ただ書いただけです。

 

だから、最初に「よい人生とは何か?」から考えないとダメなんです。

それが分からずに教育問題は答えられません。

人生の素晴らしさを教えるのが教育だと思うからです。

 

テイルズ説明文まとめ - TOS 称号一覧

教師

学ぶことの楽しさだけではなく
生きる喜びをも伝える、夢のある職業

 

*1

 

こんな学校あったらいいな: 小さな学校の大きな挑戦

こんな学校あったらいいな: 小さな学校の大きな挑戦

 

 

この本を読んだときは感動したけど、よくよく考えると

学費が高そう。

 

ちなみに教育書のバイブルは窓際のトットちゃん。

戦前なのに、今より先進的な教育をしている。

何十年たっても日本の教育は変わらない。

トットちゃんのように授業中静かにできない子供を

多動性なんとか障害って病名つけて、腫物を扱うようにしないで

教育でなんとかすべきだと思う。

 

もちろん、医学を否定する気はないです。

「親学」という保守系の団体の教育論は、

発達障害は親の育て方のせい、みたいに主張していました。

その後、訂正したみたいですけど。

 

僕がなんとかすべき、というのは

拒絶する前に考えて欲しいからです。

 

教育先進国 オランダ 驚きの教育法 イエナプラン - YouTube

著作権的にまずいけど、やっぱり見て欲しいのでリンクを貼ります。

尾木直樹氏はオランダや北欧を過大評価する節がありますが

やはりこの学校の取り組みは、参考になる部分があると思います。

 

窓ぎわのトットちゃん (講談社青い鳥文庫)

窓ぎわのトットちゃん (講談社青い鳥文庫)

 

 

数年前に本を売ってしまったので、手元にない。

その時は、再読するという考えがなかったので、売ってしまった。

本って1回では全然覚えられないんだよね。

繰り返し読んで、記憶として定着する。

勉強と一緒。

だから売ったらダメなのです。

買い戻せる人は、売ってもいいけど

お金がない人は売っちゃダメだよ。

*1:これだけ長々と語って置いて、ゲームの受け売りだとは言えない。