読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

公害と報道

www3.nhk.or.jp

 

豊洲市場の地下水 環境基準の79倍のベンゼン シアンも検出 | NHKニュース

素朴な疑問なんだけど、地下水でお魚を洗浄するわけでもなく、地下水が汚染されていて、なんの問題があるの??

2017/01/14 15:17

b.hatena.ne.jp

 

なんかすごいコメントだと思う。

批判してる訳じゃない、ただ疑問に思っているだけ。

反論されたら絶対に避けれる上に、本質的なことを言っているように見える。

(疑問に思っただけで、批判したわけじゃない、みたいな。

 誰かを批判したい時に色々と使えそうな手段だと思う。)

 

私も、なんで地下水が汚染されていたらいけないのかは知らない。

 

president.jp

 

しかし、何がどう出てくるかは予想の域を出ず、予想外・想定外の事態に至る可能性も否定できない。また、工場跡地等への別施設(マンションetc)の建設等に伴って発見されるといったことが多く、そうしたものについては健康被害が現に発生しているというより、「発生するかもしれない」という蓋然性が高いものがほとんどである。

 

ふーん。

なんか、地下水汚染対策は不要って言いだす人がいそうなぐらい

あやふやな案件じゃん。

放射性物質でさえ揉めてるのに

何があるか分からない、どんな被害が出るか分からない

では、対策も難しい。

 

地下水は毛細管現象で地表付近まで上がってくる。

上がってきてから、どうやって体に入るのかは良く分からないけど

たぶん、どこかで体に入るのだと思う。

 

豊洲市場 盛土問題についてよくわかる「技術会議」の話

良記事。行政の一次情報は検索しづらい。よくぞここまでまとめた。というか、テレビ局に、自力でココまでやる能力、今はもうないのかなかぁ。。。。報道のTBSとかってフレーズはもう死語か。

2016/09/13 21:04

b.hatena.ne.jp

 

テレビでも割と詳しく報道していたような気がしますが、

去年のことなので忘れました。

 

www.buzzfeed.com

 

「危険か安全かの議論で言えば、安全であると言えます」

 

安全なら、いいじゃん。

さっさと移転しよう。

 

安全=安心ではない
なぜ、問題はここまで拡大するのか。浦野さんは言う。
「飲まない、使わない水が安全なのか安全ではないのか、飲めるか飲めないかという議論をすること自体、おかしい。しかし、安全と安心は同じものではありません」
どういう意味なのか。
「専門家や技術者は、環境基準値や排水基準値を下回れば、それで良いという。でも、あそこは何十年と、東京の毎日の食事を扱うことになる施設です。市場関係者や都民は、数字上の安全よりも、”安心”できる施設であることを重視します」
「汚染がまた見つかったときのため、安全性を考えてピットを作るのは、技術者としては当たり前だし、慎重で良いことかもしれない。しかし、『また汚染が見つかるかもしれないという考え』自体が、市場関係者や一般の人からするとナンセンスなのです」

 

先進国と呼ばれた日本でこのありさまなんだから

世界中のどこに行っても、きっと楽園なんてないのだろう。

僕らは、どうしようもない世界でいきていくしかない。

 

いや、よく考えてみる。

検出されても問題なら、そんな税金を使う必要はなかったことになる。

 

検索していて、パクリサイトを見つけた。

xn--u9j5h1btf1e8236ag6b.xyz

 

togetter.com

 

ツイッターが出展元だと考えられるが、引用したという記述がない。

ところどころ、文章を改変している。

このサイトの記事、もっと探せばいろいろありそう。

 

president.jp

 

つまり(1)から(3)の対策で豊洲の土壌と地下水の汚染物質は完全に除去される。じゃあ盛土やコンクリートは何のために必要なのかと言えば、「念のため」の対策である、という位置付けだ。すなわち、盛土は絶対的に必要な対策ではないというのが専門家会議の提言の論理的帰結だ。

 

念のための対策って、怖いね。

そんなことをしなければ、むしろ良かったのかも知れない。

「なくてもいいけど、一応」なんてことは、なくていいんだよ。

政治家が私財を投げうって建設してるならいいさ、無駄に作っても。

でも、税金だから、必要なものを必要なだけ作らないといけない。

 

www.daily.co.jp

 

 豊洲問題については橋下徹大阪市長も関心を持ち、ツイッターで「豊洲ではもともと地下水は飲まない。だから地下水対策は本来不要」などと持論を展開していた。

 

president.jp

 

豊洲市場の地下水 環境基準の79倍のベンゼン シアンも検出 | NHKニュース

排水するだけの地下水を飲むつもりか。NHKは何の環境基準か、どういう問題があるのか、環境基準とはどう運用されてるモノなのか、ということを伝えろよ / 排出基準がーとのブコメは何のための排水処理だと思ってるのか

2017/01/14 17:34

b.hatena.ne.jp

 

これってマスコミの問題なのだろうか。

いや、NHKをずっと見てたわけじゃないから

説明していたのか、していないのか知らない。

 

大阪都構想の選挙のときも

「良く分からない、もっと説明すべき」

ってツイッターでコメントがあって、橋下さんが

さんざん説明してたのに、この人には届かないんだろうなって

ちょっと残念に思ったのを思い出した。

 

これは橋下さんがマスコミからの質問に対しても同じことを言っていた。

「分からないのは、あなた方マスコミが調べていないから。

 私は説明している。」

って、マスコミ批判をしていた。

もちろん、市民が理解できないことまでは橋下さんは批判していない。

 

「マスコミは環境基準がなんなのかを説明すべき」

とは、言いたいことは良く分かる。

しかし、それは大変な作業だ。

そんなことをし始めれば、NHKのニュースサイトは

wikipediaを作ることになるだろう。

 

もっとも、そっちの方が利用者としてはありがたいが。

あ、どうせ作るならwikipediaよりも分かりやすく作って欲しい。

wikipediaはある程度知っていることなら、理解できるけど

まったく知らないことを理解するのは難しい。

専門用語が頻繁に出てきて、全部理解するのに大変な努力を要する。

 

というかさ、

 

過去記事消すなよ!

 

ニュースをみるとバカになる10の理由

ニュースをみるとバカになる10の理由

 

 

久しぶりに、この本でも読もうかな。

 

公害っていつも、情報が隠されている。

一度、隠ぺいされたことが分かると二度と信用できない。

 

政治家は正直な人がなるべきだ。

とは言え、トランプ氏を正直者と表現するなら

それは、やはり正直でなくても構わないのかもしれない。

 

この間、NHKの100分de名著で

水俣水銀の公害の本

苦海浄土をやってた。

 

石牟礼道子『苦海浄土』 2016年9月 (100分 de 名著)

石牟礼道子『苦海浄土』 2016年9月 (100分 de 名著)

 

 

新装版 苦海浄土 (講談社文庫)

新装版 苦海浄土 (講談社文庫)

 

 

今までの100分de名著の中で一番しんどい話だった。

今、まさに水俣病で苦しんでいる人々を書き記した本なので

あまりにも残酷で苦しい。

 

水銀を海に流した会社は、この病気が工場からの排水が原因だと

気づいた後も、そのまま廃液を流し続けた。

 

公害には第三者はいない。

この言葉は、非常に難しい。

水銀を垂れ流していた会社は、プラスチックの原料を作っていた。

それは日本に必要なものを作っていた。

その恩恵を日本人は享受していた。

もちろん水俣病にかかった人たちも。

 

その会社が儲かることで地元経済が良くなった。

 

公害について、報道について。

きちんと調べようと思う。

この記事はその途中経過。

あるいは出発点。