読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

知能が遺伝するらしい、学校教育も色々と考え直した方がいいと思う。

www.newsweekjapan.jp

ブコメを読んでいたけれど、気になったのでブログを書く。

なんで優生学とかいう言葉が出てくるのだろうか?

 

むしろ今まで努力すればなんとかなると言われて

何ともならずに自己責任の名のもとに切り捨てられてきた人々を

救済しようという方向にするべきだと思う。

 

飛び級、留年がしやすい学校があればいいと思う。

大学なんかは留年してもあまり問題ない。

まぁ、ゼミとか研究室ではちょっと居心地が悪いけど。

それでも、偏差値の高い大学なんかだと浪人して入ってくる人もいるから

年齢は案外ばらけているのかも知れない。

 

いじめの根源的な原因はクラス制度にある。

だからクラスがなければいい。

 

最近、学校を作りたいと思う。

いや、これは妄想だけど。

ただ私立にしろ教員が免許を持っていないといけないというのが

ネックだなと思った。

高認みたいに、小学校中学校に行かなくても

その試験を合格すればいい、みたいな制度があればもっと自由にできるのかな?

 

義務教育 - Wikipedia

インターナショナル・スクール(国際学校)やナショナル・スクール(外国人学校民族学校など)をはじめとする各種学校無認可校に子女を通わせる保護者(日本人)は義務教育を履行していないと教育委員会から通告を受ける場合がある。しかし、これらの学校に通わせたいと思う保護者もいる。

 

教育委員会からの通告を受けたらどうなるねん。

インターナショナルスクールに通ってる日本人もいるじゃん。

あの人たちはどうなるねん。

 

しかし、勝手に学校を作って生徒を集めても

問題なさそう。

もちろん認可されていないことは、明言しないといけないのだろうけれども。

 

こんな学校あったらいいな: 小さな学校の大きな挑戦

こんな学校あったらいいな: 小さな学校の大きな挑戦

 

 

この本読んだときは、いい学校だなと思ったけど

あとから値段が高そうだな、とも思った。

詳しくは知らないけど、たぶん。

 

箕面こどもの森学園 - Wikipedia

生徒は、公立小学校に席をおいたまま、こちらに登校している。

 

これ、いいな。

しかし、それでいいのか?とも思う。

 

一条校 - Wikipedia

一条校(いちじょうこう)とは、学校教育法(昭和22年法律第26号)の第1条に掲げられている教育施設の種類およびその教育施設の通称である。横書きでは、1条校と表記されることもある。
狭義の「学校」のことであり、「学校教育」や「学校教育に類する教育」においては法による保証・義務・振興などを特にともなう。

 

この制度も見直した方が良さそうやね。

 

なんか、だらだら書いてしまった。

義務教育のありかたについて、もう一度記事を書きます。