読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

二次創作と著作権

ゲーム音楽家の来兎さん、二次創作の許諾問題を語る。『第三者が許可の有無を聞く事自体、権利者的に迷惑』『「0か1かはっきりしてくれないと死ぬ病」の人達は迷惑』 - Togetterまとめ

 

二次創作と著作権の話。YouTubeで違法動画を大量に見かける。僕も時々視聴しているから文句を言うのは筋違いだろう。けど、あの動画で収益を手に入れている人がいると思うと、残念に思う。そんなにバレないのなら自分も違法動画をアップロードして小銭を稼ごうかな?とさえ考えてしまう。

 

著作権の非親告化はYouTubeP2Pを利用した作品をまるまる流出することを防ぐためにある。実際音楽なんてネットにゴロゴロ転がっている。曲のタイトルを入れると検索候補にmp3というのがあって、それで探してみるとmp3がダウンロードできるサイトにたどり着く場合もある。だからこそ、日本はもっと著作権に厳しくてもいいと思う。

 

中国のことを悪く言えない。日本は著作権に関して緩すぎると思う。著作権違反は万引きと同じ犯罪。窃盗です。僕はそう思う。僕のブログは収益化できるほどアクセス数はないのだけれど、もし僕のブログを丸コピして、それで収益化している人がいたら、僕は許しません。宣伝してくれていても許しません。収益化してなくても、許可なくコピーしたら許せません。

 

2次創作は許容されるべきというのがTPPによる著作権の非親告化の見方です。なので、今回の件はそれほど騒ぎ立てることじゃないと思います。それよりもYouTube!貴様はダメだ。特にYouTubeで糞アフィリエイトしている奴は叩き潰してやりたいと思う。てめーがやってることは犯罪なんだよ!いい加減にしろ!金を儲けるなんてうらやましい!けしからん!

 

我々にできることは違法アップロードされた動画を見かけたら、著作権者に通報することしかできない。古い動画だったり一部分だけなら、放置される可能性もあるけど、最新の番組をまるまるアップロードしていたら、通報すると削除してくれる可能性もある。まぁ本当にテレビ局が嫌がっていたら、もっと削除されているだろうから、きっと見て見ぬふりをしているんだろうね。そこにあぐらを書いて金儲けしている人がいても、僕らは指を咥えて眺めることしかできないのです。

 

そういえばGoogleアナリティクスのアクセス数の画像ってキャプチャしたらダメなんですね。僕は使ってないんですけど、以前そんなことを書いているブログを見かけて、調べてみたら、本当らしいです。数字だけで公開している人がいました。なんだか良く分からないです。

 

著作権は非常に難しいものです。YouTubeにCDの音源をアップロードすることは違法です。例えそれをBgmとして流して楽器演奏したとしても。ただその曲を演奏する分には問題はありません。しかしその演奏動画を収益化してはいけないのです。ゲーム実況も許可されたゲームなら実況してもいいですし、一部のゲームに限っては収益化しても問題ないそうです。任天堂の作品はいくつかは、そういう扱いになってます。収益は配信者と任天堂で分けられる仕組みになっています。

 

ただ文章を読むタイプのゲームは削除されてしまいました。そりゃそうですよね。アクションゲームならプレイするのと見るのとは全然違いまうすけど、読み物はプレイしても動画で見ても変わりませんから。

 

日本の著作権はなぜもっと厳しくなるのか