読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

雑談力は難しい

2016年4月2日

誰にでも色んな話題で話す必要はない。この人にはこの話題、あの人にはあの話題という風に使い分ける。あとは相槌と質問をすれば皆んな話してくれる。聞かれた場合は2文で返す。「暑いですね→そうですね。僕は夏は苦手です」みたいに。連想ゲームだと思って頭を働かせれば良い。考えすぎないように。

 

齋藤孝氏の著書「雑談力が上がる大事典」を持っています。色んなケースが乗っているので非常に参考になるのですがやはりまず最初の一歩を踏み出すことが前提になってます。でもですね、最初の一歩を踏み出すのってとっても勇気がいるんです。一度踏み出したらあとは比較的簡単なんです。このままじゃいけないと分かっていても人は変化を恐れるのです。

 

まずは踏み出してみろ、と言いますが泳げない人に向かって海で泳げ、とはいいませんよね。まず足の着くプールで泳ぐ練習をするはず。会話の場合、その練習をする場所がない。ふと思ったけど、ネットで会話の練習をするサービスをはじめたらどうだろうか?月500円ぐらいで。安すぎるか。何段階かあってもいいかも。似たようなサービスがないか後で検索してみる。

 

知ってる単語が出てきた時、その単語を広げてもいい。Apple Watchの話をしている時に妖怪ウォッチの話をしても良い。雑談にテーマなんかない。むしろApple Watchを知らない人がいるのにその人を無視してApple Watchの話を続けるのは失礼だろ。というかイジメです。

 

イジメというのはちょっと言い過ぎたかも。ただ一人が周りに合わせる努力も大切だけどついてきてない人がいるなら、それは話題がふさわしくないので話題を変える必要があると思う。みんなが平等に話せる話題を模索すべきだと思う。雑談にも力関係が影響するもの。雑談力がない人が知らない話題で雑談するのは非常に難しい。

 

ブログでもやってる人はその話からブログネタを探すぐらいの勢いで話を詳しく聞いたほうがいいかもね。雑談することが目的じゃなく、ネタを探すことに主眼を置いたら雑談自体に気を使わなくていいんじゃないかな?痛みがあるとき別の場所を殴ると痛みが紛れるみたいな。嫌われないように雑談していては、ぎこちない雑談になるけど雑談から情報収集するつもりなら細かいとこまで相手の話を聞けるかもしれない。

 

追記

2016年5月26日

こどもにゲームをさせない教育方針は正しいかどうかを考えていた。ゲームができないことで孤立するようであれば、ゲームは持たせてもいいと思う。それ以外は持たせない方がいいと思う。ゲームは依存性が高い。麻薬みたいなものだ。あるいはタバコやアルコールの方が一般的かな。

 

特に最近のゲームはオンラインだから飽きがこないので余計に依存しやすくなる。依存というのは、ストレス回避のための行動だ。そのストレスを解消するのが一番だけど、なかなか難しい。ゲームをしてもいいのは自分でコントロールできる人だけ。

 

僕が小中学校の頃はどんな話をしていたか忘れてしまった。僕は小学校の頃はポケモンが好きだったのでポケモンばかりしていた。その頃、ポケモンが流行っていたので話題に困ることはなかった。中学になりみんな、プレステを買うようになった。僕はN64とゲームキューブだった。話が合わない。しかし、欲しくないものは買いたくない。

 

ファイナルファンタジーの話にはついていけないし、スマブラの話にもついていけない。スマブラN64だからソフトさえ買えばいいんだけど、ついつい自分の欲しいゲームを買ってしまって、結局他人と話が合わなくなる。遊戯王が流行ったときも興味がなかったので買わなかった。話に入れなかった。それでも、友達はいたのだから不思議だ。いったい何の話をしていたのだろうか。

 

ゲームがないと友達が出来ずに孤立する可能性がある。しかし必ずしもゲームがないといけない訳じゃない。たぶん、ゲームの話題の多いグループと、ゲームの話をしない、あるいは少ないグループがあると思う。カースト上位のグループに入るのは難しいかもしれないが、運動が出来れば入れると思う。頑張ってカースト上位に入ろう。

 

テレビを見るのは雑談のネタになるとか、日経新聞のCMでも取引先との話題づくりになるとか言われている。共通の話題を作る努力は必要だと思う。それがゲームならやってもいいと思うし、むしろやるべきだと思う。俺みたいに興味ないからと、やらなかったら、どんどん孤立してしまうと思う。

 

ゲームに依存するのが問題であって、ゲーム自体は問題じゃない。アルコール依存症の場合、やはりストレスの原因を解消するのが目標だけれども、禁酒もしないといけない。同じようにゲーム依存症になってしまった場合は、カウンセリングなどしながら、同時にゲームもやめないといけない。

 

雑談力が上がる大事典---会話に困ったとき最初のひとことがスッと出てくる!