読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

もっと自殺しろ、もっともっと死ねばいい。おびただし数の血が流れて、ようやく社会が変わる。あまりにも虚しすぎる現実。

gendai.ismedia.jp

medicallearning.jp

主人公・斉藤の指導医である伊勢谷は、アメリカに倣ってか、淡々と患者を治療し、退院させていきます。彼らがホームレスになろうと、自殺しようと、それは医者の責任ではなく、社会の問題ではないかと、斉藤に問いかけました…。

うつ病認知症など精神病患者に対する社会的偏見は、大きな問題となっています。こうした偏見は精神病患者の地域生活への復帰の妨げとなるだけでなく、精神病の悪化や再発も招きかねません。精神科医療、精神病患者を受け入れる社会の見直しこそが、精神病患者の社会復帰に必要不可欠になることは言うまでもありません。
精神病患者の社会的偏見を正面から見据えていきましょう。

 

1人で足りなければ2人の叫びを。

10人で足りなければ100人の苦痛を。

1000人で足りなければ10000人の血を。

奪われた未来の数だけ"彼ら"に声が届く。

込められた憎悪の数だけ"彼ら"を振り向かせられる。

積み上げられた屍の上で、希望の唄を謳う。

失われた命の輝きを己と重ね、自由の炎を掲げる。

自由の国をここに造るのだと。