読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

彼氏に嫌われたくないから体を許すのだ。 NHK クローズアップ現代+ 「ネットで赤ちゃんを斡旋」

NHK クローズアップ現代+の感想を書こうと思っていたが

その前に100分de名著のサルトルの回を途中で視聴を中断していたので

それを見てから書こうとすると、すっかり熱が冷めているのに気が付いた。

 

とは言え、明日になると記憶もおぼろげになる可能性もあるので

覚えているうちにまとめておこうと思う。

 

赤ちゃんの斡旋

ネットでNPOが届け出をすれば、簡単に斡旋事業を始められる。

赤ちゃんを産むと200万円の補助金を渡すNPOが現れ

人身売買ではないか、と問題になった。

中には情報教材屋が赤ちゃん斡旋を始めて

養子縁組希望者は100万を支払うと優先的に斡旋してもらえるそうだ。

ちなみにこのNPO(もはや悪徳業者だが)は業務停止になっている。

もともとパチスロ必勝法の情報教材を販売していたそうだ。

典型的な悪い奴である。

 

www.nhk.or.jp

 

 本来なら行政がきちんと機能すべき。

 

こういう声ってたまに聞く。

別に民間がやってもいいじゃん。

というか、悪用されないような法整備さえ整えば

むしろ民間でやったほうが良いと思う。

なんでもかんでも行政でやったら、財政がひっ迫する。

これからは福祉も可能な限り民間でやっていかないといけない。

行政にまかせていたら、どんどん福祉は切り捨てられてしまう。

自民党は自己責任論者が多いので、困ったものである。

一部の過激な人だけが発言しているだけならいいのだけど。

 

子どもの不幸なニュースを増やすことになるのでは

 

子供の供って上から目線だから、子どもって表記するとどこかで聞いた気がする。

 

www.j-cast.com

 

こういうのは、ポリコレ棍棒って言ってもいいよ。

ただし、なんでもかんでもポリコレ棍棒にしてほしくない。

 

anond.hatelabo.jp

 

こんなんだから、結局、言われた方が傷ついたらセクハラと認定するしかない。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

声優に容姿が求められているという現実はある。

でも、他人を罵倒していい理由にはならない。

ブコメを見る前から

「きっと素晴らしい回答だ」というブコメがあるだろうな

と予想していたら、案の定、そういうブコメがあった。

これを素晴らしいと思う人は、体罰肯定してそうだな。

厳しい指導があったおかげて私は立派に成長しました!って感じ。

彼らとは理解できる気がしない。

話し合ってもいいけど、意見は一致しないと思う。

 

子どもの不幸なニュースを増やすことになるのでは

 

話がずれた。元に戻す。

子供は親を選べない。

経済的に育てられない親の元に生まれるより

育てられる環境にある人が育てたらよい。

実の親なら愛情をもって育てられると思う人もいるかもしれないが

現実はそんなに甘くない。

家族を呪って生きている人、家族に怯えて生きている人はたくさんいる。

血の繋がりは、愛情を担保しているわけではない。残念ながら。

 

ネットで赤ちゃんの命を左右することに不安を感じる

 

 なんともコメントしがたい。

ネット「だけで」養子縁組するのが危険なのだと思う。

ネット自体は問題ない。

しかし、実際に会ってみないと人間は分かり合えない。

ブロガーとしては、否定したいところだか

やはりノンバーバルコミュニケーション、言語外コミュニケーションは重要だと思う。

冗談でも、文字で書かれるのと笑って言われるのでは印象が違う。

 

とある学生が、LINEで「可愛くない?」

と書くところを「?」を付け忘れて、「可愛くない」と送ってしまって

喧嘩になった人がいる。文章だけの会話は難しい。

 

可能であれば、生みの親と育ての親が定期的に会えるようになるべきだと思う。

 

この問題については、言いたいことがいろいろあるのだけれど

やはり育てられないのに産まないのが重要だろう。

 

産婦人科医の宋美玄(ソンミヒョン)さんが、コメンテーターだった。

 

少女はセックスをどこで学ぶのか (一般書)

少女はセックスをどこで学ぶのか (一般書)

 

 

え、エロ目的で買ったんじゃないよ。 

元々、このころは教育に興味があって尾木直樹氏の本を買ってた頃。

その時に、教育コーナーで目立つように置かれていたので

ついつい買ってしまった。

もてない男性を貫いてきた俺には信じられない現実が書かれていた。

が、理解できなくもない。

 

彼氏に嫌われたくないから体を許すのだ。

ゴムをつけたくないという男の身勝手と

避妊法を知らない、ピルが高くて買えない

そういう様々な事情で、妊娠することになる。

 

セックスについて教えなければ、

子供はセックスをしないと考えている人がいるらしい。

だから学校での性教育が進んでいない。

いや、エロは社会に氾濫しているから。

現実を見て欲しい。

 

とりあえず性欲は3大欲求から外してほしい。

そのせいで、セックスしないと死んでしまうと考えている人がどれだけいるか。

あるいは都合のいい言い訳に使われている。

 

欲求段階説 (マズロー) - Wikipedia

科学的根拠なんてない。

自己啓発本もいい加減これを引用するのを止めるべき。

 

anond.hatelabo.jp

 

マズローの欲求段階説ってオカルトっぽい仮説に過ぎないんだが

マズローのそれは当時のアメリカの文脈で生まれたざっくりとしたモデルであり、仮説ですから、そのとおりではない現象を当然含んでいます。が、ざっくりとしたモデルとしてはまずまず使える部類かなと思ってます。

2016/03/01 16:46

b.hatena.ne.jp

 

ふむ。シロクマさんと意見が合うことは、ほとんどない。

機会があればマズローに関する本でも読んでみようと思う。

 

赤ちゃんの養子縁組の機会を整えれば、かえって望まない出産が増える可能性がある。

子供が欲しい人がいるのだから、どんどん妊娠すれば良いと考える人も出てくる。

それこそ、少子化対策だと言う人も出てくるだろう。

 

子供は地域で育てるのか、家庭で育てるのか議論が分かれている中で

赤ちゃんの養子縁組の制度を普及するのは、良くないと思う。

 

女性が妊娠適齢期を過ぎて、子供が欲しい人がいるかもしれない。

でも、子供がいなくても社会からバッシングされないようにしないといけない。

それから、子供がいない人生を考える必要もある。

 

女性が子供を産める期間は限られている。

人生とは何か、世の中とは何かを深く知る前に

子供を作らないといけない。

 

子供を資産とか人材とか、利益で考えるのは止めて欲しい。

子供を産む権利、育てる権利。

子供自身が自分の人生を自分で選ぶ権利。

人権として保護して欲しい。

 

少子化が緩くなれば、景気減速にもなるだろう。

少子化が止まれば、景気回復にもなるだろう。

 

でも、景気回復の副産物として人権を救おうとしないで欲しい。

景気が悪くなれば人権も失われるのだから。

景気と無関係に人権は救わないといけない。

 

受け売りだけれども、書いておかねばならない。

人権を守るには人権を守るしかない。