読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

萌えキャラはもっとオタク界隈でひっそりとやってりゃいいんだよ

萌えキャラはもっとオタク界隈でひっそりとやってりゃいいんだよ。

市民権を得ていないんだから、表に出て来たらみんなビックリするだろ。

クールジャパンとかいう政策のせいで、勘違いしてるみたいだけど・・・。

というのも、表現の自由の侵害なのだろうか?

正確には表現の自由というのは、政府が規制するなということで

萌え絵は公共の場に相応しくない、というの主張をするな

ということではない。

むしろ、反対意見も自由に言えるのも表現の自由である。

 

だいたい反論するときは「クソフェミ」みたいな

見てるだけでため息の出るような、アレな言葉を使っている人が多い。

ネットは女叩きが多いからね、しょうがない部分もある。

 

そういえば、おっぱいコンテストのブコメ

興味深いものがあった。

埋め込もうかとも思ったけど、止めておきます。

こんなコンテストをやる一方で人権を訴えるのはおかしい

という内容です。

 

エロと芸術というのは、本当に境界線があいまい。

伊集院光氏が、女性器の3Dプリンタのデータを配布して捕まった人の事件で

エロと芸術について語っていた。

エロ目的で作られたものはダメで、芸術目的ならいいのだろうか?

でも、そうすると春画は最初からエロ目的で作られている。

みたいな話をしていた。

 

イスラム教みたいに女性は肌を隠すべき、というのも行き過ぎな気がするが

公共の場でセックスしてもいい、とも思えない。

いや、もちろん、しても良いと考える人も一定数いそうだが・・・。

 

weekly.ascii.jp

 

 

芸術なら良くてポルノはダメという理由は

水着は良くて下着はダメと同じ、というブコメはなるほどと思わされる。

 

honeshabri.hatenablog.com

 

ネタだけど、まぁ、参考にはなる。

 

weekly.ascii.jp

 

 ややエグいところもある春画が女性の人気を集めるのはなぜなのか。浦上さんは「春画はポルノではないからじゃないでしょうか」と話す。
「ポルノは一般に、男1人で見るものでしょう。一方の春画は何人かで集まって『バカだね~』と笑いあって見るものなんですよ。『枕絵』『笑い絵』とも言われ、『馬鹿夫婦 春画の真似して筋違え』……なんて歌もあるほどで」
 実際に六本木の森美術館『LOVE展』で春画を展示したときは「(他の現代アートに比べて)いちばん健全な絵に思えた」という声が女性からあがってきたそうだ。
「基本的に春画には女性蔑視はないし、見ていて面白い。『ポルノで不快になることはあっても、春画には女性が見て不快なものが1つもない』なんて声も聞きました」

 

女性の謎。「水着はOKなのに下着はNG」のなぜ - NAVER まとめ

 

覚悟の有無。

自分の意志で見せるのと、自分の意志とは無関係に見られるのは違う。

日記だって自分でブログを書くのと、紙の日記帳は違う。

 

行き過ぎたポリコレについて批判すると

駅乃みちかについてコメントする人がいる。

駅乃みちかは行き過ぎたポリコレなのか?

 

「ガールフレンド(仮)」という年末年始のお茶の間ブレイカー

「Ameba」 ガールフレンド仮 振り袖篇 - YouTube

 

萌え絵を公共の場に出すことは、必ずしもオタクの総意ではない。

オタク蔑視する女性が嫌いだから意固地になっているのだろう。

 

主語を大きくしてオタク、フェミニストと罵りあえば

どこにも行き着かなくなる。

 

あるいは、争うことが彼らの趣味なのかもしれない。

 

女ぎらい――ニッポンのミソジニー

女ぎらい――ニッポンのミソジニー