読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

弱者が政府に頼らずに生きていく方法

トランプ氏が大統領になりました。

ふむ、アメリカに住んでいるイスラム教徒は大変そう。

嫌なら出ていけ、って言われるんだろうな。

こういうのは、だんだん過激化して

合法的に移民してきた人まで、非難の対象になる。

 

私、日本人でよかった

私日本人でよかった - Google 検索

 

彼らが最初共産主義者を攻撃したとき - Wikipedia

もちろん、排除すべき対象はじわじわと拡大していく。

気が付いたときには手遅れになる。

 

今後の予想。

米政府による日米同盟の見直し

9条を改憲して日本軍(国防軍?)を持とうという政治家が増える

野党が反対する

雇用問題、経済対策はなおざりになる

 

よって雇用と経済対策は野党に期待するより

自民党内の党内野党に期待した方がいいかも。

55年体制の時みたいに、野党はあってないようなものになった。

民進党は野田さんを幹事長にしちゃうし

相変わらず、増税増税である。

 

もっと言えば、政治に期待するだけ無駄だけど。

 

kotobank.jp

 

政治と関わらない福祉を作りたい。

NPOは結局助成金を貰っている。

助成金なしで運営できる会社を作りたい。

 

茂木 アメリカの大学ならば、国の指導という概念があり得ないし、

   イギリスも、オックスフォードとかケンブリッジは、

   もちろん国からの研究補助金もあるのだけれども、

   自分たちの不動産がたくさんあるから、

   国なんか関係ないです。イギリスの政府が何と言おうと、

   自立しているから、全然関係ない。

   だから、資金的な独立性というのも大事だと思うんです。

   結局、国に財布を握られているところにも、問題があるんだ

尾木 なるほど。

茂木 だから例えば、私立大学だったら、卒業生からの寄付金だとかで、

   国からの援助なしでやれるんだったら、

   勝手にできるわけでしょう?

尾木 そういう風になればいいですけどね。

茂木 はははは、そうですよね。

 

おぎ・もぎ対談 「個」育て論 P56

 

 

f:id:parthur:20161110103749j:plain

 

f:id:parthur:20161110104024j:plain

 

こんな感じで基金運用できたらいいね。

 

 

全3巻なので、読みやすいです。

シナリオ担当が狼と香辛料の作者なので購入しました。

3巻の終わらせ方がちょっと強引ですが、まぁまぁ楽しめます。

 

自分で稼がないといけない。

政府の助成金を期待してはいけない。

それでは夫からのDVで別れたいけど

自分一人では生きていけないから別れられない妻みたいになる。

 

とは言え、福祉というのは経済の原則から言って

市場の失敗に分類される分野でもある。(たぶん)

助成金なしで運営できたら最高だけど、理想論なのかもしれない。

でも、これからどんどん弱者切り捨ての時代になるし

本気で考えないと、弱い者から死んでいくことになる。