読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

好きなアニメと好きなれないアニメ

リゼロというアニメが面白いというので

1話だけ見てみたが、面白くなかった。

主人公がすぐに異世界に馴染んでしまっているのが

好きになれない。

あとヒロインのくどいツンデレもうざかった。

出会ってすぐなんだから、デレる必要はない。

 

ソードアートオンラインの導入はうまかったなと思って

1話を見返してみたら、やっぱり面白かった。

ゲームの世界に閉じ込められた恐怖も伝わってくる。

そもそも1話でヒロインが出てきてないのだから驚きだ。

初登場の時、あれがヒロインなるとは思わなかった。

 

萌えよりも中二病要素に重点を置いた作品が好きみたい。

タイムリープものだと聞いて、面白そうな気がしたけど

あのノリを見続けるのは難しい。

 

アニメはニコニコ動画でコメント付きで見るに限る。

だからけいおん!も見ることができた。

もし、コメントがなかったら退屈で途中で切っていただろう。

 

とは言え、今となってはニコニコのアカウントを消してしまったので

もう、ニコニコにログインすることもない。

心の底からオタクになることができずにいたので

いっそ、アニメ視聴をやめてしまおうと思って削除した。

 

そのせいで、何の趣味もない何にもできない何もない人になってしまった。

自分がこれからどこに向かえばいいのかさっぱり分からない。

アニメ大好き、と心から言えるのであればそれでもよかったけど

好きと言えるほど、はまったわけじゃない。

暇だから見ただけ。

 

オタクには2種類いる。

元からの性格と

逃げて逃げてオタクになった奴。

もちろん、その中間地点も存在している。

大きく分けると2つだ。

 

スクールカーストの上位に入れない。

恋愛、青春、友情、の世界に入れない人が

居場所を求めてオタクのサブカルチャーの世界に入る。

その中でサブカルチャーが好きになる人もいる。

あるいは、僕のように結局、そこでも、そこそこにしか楽しめない人もいる。

 

フィギュアが欲しいとは思わない。

DVDやBDが欲しいとは思わない。

ラノベも欲しくない。

ネットで見るか、テレビで録画してみるか、それだけ。

 

こういう否定的な考えがダメなんだよな。

日本人は英語ができないと答えるけど

外国人は日本語ができると答えるみたいな。

スシ、ニンジャ、テンプラ、しか話せないのに。

コップ半分の水の話みたい。

 

誰もかれもが専門家になる必要はないのかもしれない。

数学アレルギーの人でも四則演算はできる。

少しかじったのなら、それでいいじゃない。

他の誰かと比べて勝手に落ち込むのは

時間の無駄なのかも知れない。

 

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)