読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

教室は社会の縮図

村社会という言葉があるが

私にとっては、教室という言葉の方がリアリティがある。

ドラマやなんかで村というものは「見たことがある」が

実際に体験したことはない。

 

が、教室という狭い鳥かごの中のあの空気は覚えている。

もっとも鳥が鳥かごを狭いと感じているかどうかは分からない。

動物園の動物たちは幸福なのだろうか、それとも不幸なのだろうか。

一度聞いてみたいものだ。

 

教室にはルールがある。空気がある。

高校2,3年だったころ、中学時代のクラスメイトに遭った。

女生徒だったが、名前をまったく思い出せなかった。

向こうから話しかけてきて、挨拶と少しばかりの雑談をした。

私が名前をまったく覚えていないことに、私自信が驚いた。

 

私は友達も少なく無口だったので

話したこともない人の名前を覚えられなかったのだろう。

一方、彼女は明るい性格だったので、おそらくだが

クラス全員の名前を憶えているのだろう。

 

私は、中学の頃から2ちゃんねるにはまっていった。

友達とうまくいかない、いや、馬鹿にされているのだから

友達と表現するのは、いささかおかしいが

とにかく人間関係で悩んでいた。

 

その時のとあるスレのレスを覚えている。

「教室は社会の縮図」

大人になって就職して、事務の女性に言われたことがある。

「ここでうまく出来なかったら、どこに行っても一緒」

 

結局、僕はその職場でうまく行かなかった。

(一人称がうまく定まらない。私で統一するのは難しい。)

学校もうまく人間関係を構築できなかった。

はい、そうですか、僕の人生はどん詰まりですか。

死んだ方がいいですか、そうですか。

 

誰かに救ってほしいとは思わない。

僕は自分でやらなければ納得できない。

でも、今の世の中の合わせるのはどうしても

自分一人では不可能のように思える。

 

他人は信じられない。

それでも他人を信じなければ、どん詰まりである。

 

井の中の蛙、という言葉がある。

自分は出来ると思っていても、広い世界では通用しないという意味だ。

しかし、逆もあるのではないだろうか。

自分は出来ない、と思っていても、案外そうでもない場合はないのだろうか。

 

僕は人間とは何か、と考えてきた。

宇宙とはなにか、宇宙の起源は何かを考えていた。

だから、「日本人」という概念は驚きだった。

 

日本には四季がある。

日本人は和を重んじる。

そういう言葉は、子どもの時はそうなんだろうと受け止めていた。

 

しかし、心の奥深くでは人間とは何か、ということを考えていた。

だから、保守というか右翼というか、そういう人たちの考えは

とても興味深かった。

僕は人間は世界中どこに行っても同じだと思っているけれど

彼らは地域によって違うと考えている。

 

もちろん、生物学的にも違いはあるだろうし

文化的にも違いはあるだろう。

方言は、川や海、山で隔てられると変わってくるらしい。

生物学と文化人類学の間のような話は、とても印象に残っている。

 

日本人がシェイクスピアについて考えてもいいじゃないか。

もちろん時代背景を理解する努力は必要だけれども

人間の根源的な悩みというのは、世界共通だと思っている。

 

人間は動物である。

しかし、動物ではない。

その矛盾の中に我々は生きている。

 

社会ダーウィニズム、優生学を認めるわけにはいかない。

人間は動物ではない。

しかし、同時に人間も動物である。

脊椎動物であり哺乳類である。

断じて神ではない。

 

www.yutorism.jp

 

僕はこの番組を見た。

おかしいとは思った。

でも、この記事のタイトルにはどうも納得できなかった。

日本人に限定する意味はあるのだろうか?

手段が目的化することは、世界中であるのではないだろうか?

そんなことを思った。

そして、手段の目的化はそんなに悪いのだろうか。

 

勉強は何のためにするのか?

将来のため?

それとも、「楽しいから」勉強するのだろうか。

もし、楽しいから集めているのであれば

たとえ結果がでなくても、その過程に悔いは残らない。

しかし、結果だけを求めれば、悔いが残る。

 

組織の指導者は、結果を考えなければならない。

しかし、従業員やプルタブを集める生徒は

過程を重視してもいいのではないだろうか。

だれもが指導者になれるわけでもなく

誰もが指導者になる必要もない。

 

しかし、間違ったことは間違っていると

誰かが言う必要があるようにも思える。

そういう意味では、皆が指導者になる覚悟が必要なのだろうか。

 

軍師気取りのチキンホークになることはないのだろうか?

チキンホーク - Wikipedia

 

 

この番組、見逃した。

正月にもあったんかい。

前後の回は録画してるのにこの回だけ知らなった。

次の回は忘れずに録画するぞ!