読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

数学が嫌いな人は数学者について調べたら数学が好きになるよ

ピタゴラスの定理ってあるじゃん?

三平方の定理とも呼ばれてるけど。

それを思い出して欲しい。

ほら、甘酸っぱい高校生活というアルバムの1ページにあるはずだから

押入れから引っ張り出して、よく探してほしい。

 

数学ってアレルギーを引き起こす危険な学問だから

もっと楽しく勉強できないか考えたんだ。

もちろん数学だけじゃなくて運動アレルギーの人もいるだろう。

瞑想アレルギーの人や野菜350gアレルギーの人もいるかもしれない。

 

練習問題を繰り返し解くのは苦痛でしかない。

その苦痛を和らげることは出来ないかもしれないけれど

すこしでも役に立てればと思う。

 

その方法は数学の歴史を知ることだ。

長く引っぱってごめんね。

そうピタゴラスさんについて学んでみよう。

 

ピタゴラスさんはロリコンだったんだ。

なんと30歳も歳の離れた奥さんをもらったそうだ。

しかも5回も離婚しているのだから

彼は結婚に向いていないのだろう。

 

彼は大酒のみで、酔っぱらうと裸になって踊り出したそうだ。

今なら間違いなく逮捕されるだろうね。

 

ほら、こうしてピタゴラスさんのことを知ると

少しは愛着が湧くでしょ?

今書いたことは本当に嘘だから安心して欲しい。

 

数学も歴史の一部なんだ。

もちろん科学もね。

数学は昔の数学者が考えたことを、さらに深めることで

成り立っている。

つまり歴史をたどっているんだ。

 

数学者がどんな時代に生きてどんな生活をしていたか?

それを調べれば、ほら、世界史にもなる。

勉強とは本来、こうやって縦横自在に絡まっているものなんだ。

今の学校教育では、完全に切り離されてしまっているけれどね。

 

それでは、またいつか会おう。

あでぃおす!