読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

感動ポルノに関する考察(途中まで)

感動ポルノでは何のことか分からない。

これでは感動するものはすべてポルノであると言っているようだ。

障害者同情コンテンツと呼んだ方がいいように思う。

これはオリンピックを見て感動したのと分けるためだ。

 

今回の騒動?というか話題を整理すると2点

 

・マスコミは捏造するな

障碍者を同情するな

 

この2点。

というかこの2つは全く別問題だと思う。

 

togetter.com

 

 

24時間テレビもこういう姿勢だったら評価されたのかもしれない。

 

一応、テレ東が批判された記事も載せておく。

 

b.hatena.ne.jp

 

感動ポルノという名称のせいで「感動するのは何でもよくない」

とコメントする人がいる。

オリンピックで感動してもいいのでは?と思う。

オリンピックみても感動しない私みたいな人間が増えた方がいいのかな?

それはとても味気ない社会になりそうだけれども。

ふーん、それで?、だから何?みたいな感想がテレビで流れてもいいのだろか。

 

いや、流れてくれたら私は嬉しいのだけれども。(それには感動するかもしれない。)

全ての人がオリンピックに興味があるわけではない。

 

努力して勝ち取ったメダルに感動してもいいと思う。

それと同じように障害があっても何かに努力している人をみて感動してもいいと思う。

100kmマラソン見て感動してもいいと思う。

 

ただ捏造はよくない。

人生を楽しんでいる人を悲劇の主人公にする必要はない。

そういう番組を作りたいなら

悲劇の主人公だと思っている人に出演してもらえばいい。

 

たくさんいそうだけど、そういう人は。

承認欲求の塊のような人はいる。そういう人に出てもらえばいい。

 

24時間テレビはなくならなくていいし、そのまま続けても良い。

他の局が障害者を当たり前に出演させればいいだけの話。

 

ああ、乙武氏がその道を切り開こうとしていたのに、残念である。

障害と性格は無関係であることを証明したので、良かったのかもしれない。

 

障害者も健常者も生きているだけで価値があると思う。

障害者が特別努力をしなくてもいいし、健常者も特別努力をしなくていい。

 

ibaya.hatenablog.com

 

生きてるだけでいいのだ。

 

同情という言葉を調べてみた。

イケハヤ氏のブログ。

www.ikedahayato.com

 

増田の記事2つ。

 

anond.hatelabo.jp

 

anond.hatelabo.jp

 

そう言えば、健常者と障碍者の区別がなくなったら良いというコメントを見た。

似たような話をどこかで見たことがある。

 

www.yutorism.jp

 

watto.hatenablog.com

 

考えがまとまったと思ったから記事を書こうとしたけれど

書いているうちにまたごちゃごちゃしてきた。

 

好きで派遣社員になっている人がいるのは事実。

だからと言って、今の社会のままでいいわけではない。

困っている人がいれば助けなければならない。

一部の人だけをみて、お前も頑張れと言わないで欲しい。

 

なんだか良く分からない。

結論が書けない。

同情してはいけないのだろうか。

同情は見下しなのだろうか。

 

小学校の頃に戦争の授業の感想で

「かわいそう」というのは見下していると注意された。

しかし、それ以外にどういう言葉が適切なのか未だに分からない。

 

やっぱり、同情してもいいと思う。

思うことまで制限してはいけないと思う。

差別的な考えを持つことは、許容しよう。

同性愛がどうしても気に入らない人もいるだろう。

 

でも、それを口外するのは止めてもらいたい。

考えることまでは規制しない。

ただ発言はやめてもらいたい。

 

でも、表現の自由というものもある。

嫌いなものを嫌いという自由もある。

話が脱線してきた。

さらに分からなくなってきた。

 

24時間テレビにも表現の自由はある。

バリバラも24時間テレビがなくなって欲しいと思っている訳ではない。

 

また記事を書こうと思う。

書いているうちに考えがまとまるかも知れない。

 

ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか

ヘイトスピーチ 表現の自由はどこまで認められるか