読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

コミュ障の僕が「余計な一言」について考察しました。

www.m-forest.net

 

いや、その通り。

コミュ障の僕が言うのだから間違いない。

なぜなら、こんなことを言ったら嫌われないかな?

といつも考えているからだ。

 

僕がネットでコメント書いたり、ブログを書いたりするときは

「嫌なら見るな、嫌いならブロックしろ、俺は悪くない。」

と心の中で唱えながら書いています。

 

というか、この記事自体が余計な一言だ。

わざわざ書く必要がない。

ブコメに参考になりました。」と書けばいい。

なのにわざわざ記事にしている。

 

知らない人と話すコツは「余計な一言を言う」こと - モウソウの森

余計なことを言うコツは、笑顔で言ったり明らかに冗談とわかる内容であること

2016/08/19 15:51

b.hatena.ne.jp

 

牛乳のくだりは、相手を怒らせるか不快にさせる話題だ。

それでも、話すにはやはり表情と話し方が重要だろう。

ムスッとした顔で言えば、最悪である。

 

知らない人と話すコツは「余計な一言を言う」こと - モウソウの森

その余計なひと言がどう印象とられるかでも色々変わってきそうですね。変な事でも相手が興味を引ける事を言えればいいけど、不快にさせる物だったらうーん難しいです。

2016/08/19 12:46

b.hatena.ne.jp

 

知らない人と話すコツは「余計な一言を言う」こと - モウソウの森

余計な一言に愛があるかないかが、「円滑剤としての余計な一言」と「要らん一言」の分水嶺かなあ。あ、でも「独りよがりな愛」じゃダメなんだよなあ(独りよがりでない愛は無いかもしれんがね)

2016/08/19 13:42

b.hatena.ne.jp

 

 

余計な一言と言うのは、余計なお世話ではない。

斎藤孝さんの雑談力があがる大辞典でも、

会話は挨拶にプラスアルファを付けて返そうと書かれている。

 

 

プラスアルファは相手を批判したり、説教することじゃない

と思うが、そういう考えが余計な一言を言えなくするのかもしれない。

 

「あなた太ってますね、いいダイエット方法を紹介しましょうか?」

これは余計な一言か、余計なお世話か。

やはり知らない人に話す内容じゃないと思う。

 

失業中で職探ししている人に

「しっかりせえよ、だらしない恰好だから就職できないんじゃないの?」

と説教されたらどうでしょうか。やはり説教は最悪です。

 

知らない人と話すコツは「余計な一言を言う」こと - モウソウの森

知らない人に話しかける際に余計な一言なんか言ったら、「こいつは俺の命を狙っている。それともあれか? 悪徳商法か?」と思われて警戒されるに決まってるだろ。相手の立場を考慮しなよ。

2016/08/19 13:40

b.hatena.ne.jp

 

文章なので判断できませんが、笑顔でこの言葉を言われる分には許せそうです。

真顔で言われたら、へこみます。

 

牛乳の話は、お店に対する批判であって

店員個人に対する批判じゃないから

ギリギリセーフなのかもしれない。

そもそも、温めている商品は買っている訳だから

お店もそこまで怒らないだろう。

 

政治家が余計な一言を言って問題になる場合がある。

余計な一言が差別発言になる場合がある。

その場合は余計な一言ではなく、余計なお世話だったのだ。

 

ただし、笑いと差別は一緒なのだ。

 

 

太田さんは、討論の際、こう言い切った。 

「お笑いは、いじめである。自分がやっていることは人を殺しかねない。」

P8

 

人間には、人が困っているのを見て面白いと感じる面があると思います。「どっきりカメラ」などは世界中にあるわけで、その典型でしょう。たとえば、バラエティ番組『はじめてのおつかい』は、とてもほのぼのとした番組ですが、それでも基本的には困っている姿を視聴者は楽しんでいます。

P18

 

いきなり、いじめの話をしてごめんなさい。

ただ、場を和ませようとして笑いを取ると

それが問題発言になる可能性もあると言うことです。

 

それを防ぐには、鉄板ネタ(確実にうける話題)を持っている必要があると思います。

お笑い芸人ではないので、笑わせる必要はないですが

豆知識の披露が出来たらいいですね。

 

あとは笑顔。

もし、失礼なことを言ってしまった場合に

相手が抗議しやすい雰囲気にすることも大切だと思います。

相手が不愉快になったら、すぐに謝罪すべきです。

 

※赤字箇所は、後で自分で読み返すときに

 内容を把握しやすくするために強調しました。