読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

社交的じゃなくても、優秀じゃなくても、ただ生きているだけでいい。

 

arekorebibouroku.hateblo.jp

こういう記事は嫌いだ。

少数派を擁護する記事はだいたい嫌い。

なぜなら、それからもはみ出ることが多いから。

 

この記事は優秀だけど内向的な人を擁護している。

私みたいにコミュ障で無能な人間は、out of 眼中である。

 

社交的であるべきという強迫観念を持っている人、それに苦しんでいる人に見て欲しいTED動画 スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」 - あれこれ備忘録@はてなブログ

よくよく話してみると内向的な人の話のほうが面白いことが多いと思う

2016/07/16 09:38

b.hatena.ne.jp

私はネガティブだから、「面白い話ができない人はクズである」と読み取ってしまう。

よくよく話さないと分からない上に、よくよく話た上で面白くなかったら

きっとみんな怒って私を殺してしまうだろう。

殺されたくないので、やっぱり話さない方がいいように思う。

 

社交的であるべきという強迫観念を持っている人、それに苦しんでいる人に見て欲しいTED動画 スーザン・ケイン 「内向的な人が秘めている力」 - あれこれ備忘録@はてなブログ

内向的な人が嫌われるのは単に「優柔不断っぽい→苛々する」「何を考えているのかわからない→不安になる」っていう表面的なことだと思う。内面の能力までは評価してない。

2016/07/16 01:57

b.hatena.ne.jp

内面を評価されたら最悪である。

内向的なだけで印象悪いのに、無能だから印象は最悪である。

無能でも社交的であれば、助けて貰える。

しかし内向的であれば、助けを求められないので

一人で朽ちていくしかない。

 

発達障害者にも安楽死

 

発達障害者は特殊な才能がある」

ほとんどの人は関係がありません。

はっきり言って当事者にとっては迷惑!

発達障害の本にはよく、

エジソンアインシュタイン発達障害だった!」

などと書いてあります。

しかし、大半の発達障害者は何も特別な才能はありません。

慰めにもなってない!

偉人で「もしかして発達障害かもしれない」

とされている人がいますが、根拠は特にない。

天才過ぎて周りから浮くことがあった程度かもしれない。

慰めにもなってない!

「相撲取りは太っている。

しかし、太っている人が強いというわけではない。」

というのと同じくらい、当たり前の話。慰めにもなってない! 

 

「生きているだけで価値がある」

というアドラー心理学は、そういう排除された人々さえも

救済することができる。

 

「生きているだけで価値がある」と思っている人が少なくても

誰かが始めなければならない。他の人が協力的でなくとも。

あなたが始めなければならない。他の人が協力的でなくとも。

 

ibaya.hatenablog.com

何もしていない自分には価値がないと感じる時、

生きているだけではいいと思えなくなる。

生きているだけではいいと思えないということは、

生きているだけではダメ【存在をしているだけでは価値がない】

になるということだ。

生きているだけではダメになるということは、

生きていること(生まれてきたこと)

そのものが「負い目【生まれてきてごめんなさい】」

になるということだ。

しかし、私は思う。

生きているだけではダメだなんて、

それはちょっと、あんまりにも酷ではないだろうか。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え