読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

大学の勉強は独学で出来るか

旧タイトル 意味不明だっため新しく付け直します。(2017/1/25)

そうやって自分を偉く見せようとしたり、他人に自分を理解させようとするから、みんな逃げるんだよ

 

大学 独学

で検索すると、独学で大学に行く記事が出てくる。

違う、そうじゃない。

僕は大学の内容を独学で学ぶことはできないかと考える。

もし、独学ができるのであれば

それこそ大学の意味はない。

 

大学での勉強は独学では出来ないということを

誰か示してください。

 

機械や薬品を使う場合個人じゃ揃えられない場合があります。

そういう場合は大学の意味があります。

あるいは大量の資料を整理する場合も一人じゃできない場合もあります。

 

でも、それってゼミとか研究室の話ですよね。

じゃあ大学の最初の3年間って意味あるんですか?

 

時間も無限にあるとしよう。

お金も無限にあるとしよう。

そして、学問を学びたいと思ったときに

大学に行くべきだろうか。

それとも独学で学ぶべきだろうか。

 

社会に役に立つ研究機関ではなく

就職予備校でもなく

 

ただただ知的好奇心を満たすためだけの学問

金持ちの道楽としての学問

そういう視点で考えたとき今の大学は意味があるのだろうか

 

教授の雑用ばかりしてませんか?

その作業は何か学問と関係ありますか?

 

文系の学問はそれこそ一人でも出来そう。

ただ、議論は一人じゃできない。

 

人とコミュニケーションを取るのが苦手な私でも

はてなブックマークのコメントは読んだりする。

他人の意見を知りたいという欲求はある。

 

議論することは学問なのだろうか。

自分一人で自分だけの解釈で完結してはいけないのだろうか。

 

お金が自由に使えて、時間もたくさんあって

どの大学に行きたいかアンケートを取ったら

どれだけの人が大学に行きたいと答えるのだろうか

学問を純粋にしたいと答えるのだろうか

 

なんだか誰も学問したいと答えない気がする

難しいことは考えたくないというのも分かる

おおざっぱに、ざっくりと説明してくれ

長い、3行で

そんな気分。

 

数学アレルギーの人間を皆殺しにしたい好きになれないという記事があった。

「私は数式アレルギーの文系でして」とへらへら笑う大人に耳を貸すな。 - 結城浩の連ツイ

 

この問題は仕事にも当てはまる。

時間とお金が自由になったら

あなたはどんな仕事がしたい?

 

俺は学問とは何かを問うているのだけれども

実は人生とは何かを問うているのかもしれない。

 

学問はやはり一部のオタク専門家がやればいいのではないか。

 

在野の研究者という言葉がある。

どんな人たちなのか分からない。

しかし、大学だけが学問の場ではないのだろう。

 

個人的には学問の敷居を高くしてくれるなと思う。

 

「なぜクラシック音楽の人口が減り続け、今も激減しているのか」をとてもわかりやすく説明→分かり易すぎると話題に - Togetterまとめ

 

それは算数であって数学じゃないとか

偉そうに講釈垂れるから嫌われるのさ

 

きっかけなんて、ちょっとしたことでいい。

日常に転がっている風景の中に知的好奇心は眠っている。

それを大切にすることが、学問だと思う。

 

代金が777円だったら、1000円出したら

おつりは333円のような気がする。

それを不思議に思っていもいいじゃないか。

馬鹿にするだけが、人生じゃない。

 

 

教育書としても最高の1冊。

現代では注意欠陥なんとかとか、多動性なんとかって言われるであろうトットちゃん。

そんな彼女が楽しく学べる学校が戦前にあったことが驚き。

今よりずっと先進的な学校が、かつて日本に存在した。

現代ではフリースクールと呼ばれる学校がその精神を受け継いでいる。

フリースクールがもっと認知されれば良いと思う。