読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

自分の身は自分で守れ。自分さえよければそれでいい。

カオスちゃんねる : バカ「自分さえよければいいのか!」←当たり前だろ

 

素晴らしい。

全くもってその通りだ。

 

なぜ人に優しくしなければならないのか。

情けは人の為ならず、ということが書かれている。

巡り巡って自分の為になると言うことだ。

逆に言えば、自分のためにならないと分かれば

人に優しくしなくてもいいと言うことになる。

 

私はこの意見に賛同だ。

しかし、躊躇もある。良心の呵責がある。

しかし間違っていないとも思う。

人に優しくすると気持ちがいいのなら、それは自分のためである。

だれも不快なことをしない。

故に人はどこまで行っても自己中心的である。

 

貧困の何が問題なのかを調べたときも同じような意見があった。

治安が悪くなったり、暴動が起きるからと。

だったら警備を強化すればいいし、怪しい奴は最初から逮捕してしまえばいい。

もちろん警備のコストより、福祉のコストの方が安いなら

貧困層を救済すればいいが、福祉のコストが高いなら

安く済む方を選ぶことになる。

他人のことを考えているような意見だが

それは上から目線の自己中心的な意見である。

 

togetter.com

 

もてる為、とか波風立てないためとか。

モテないでも良ければ優しくしないでいいのか。

波風が立っても平気でいられるなら優しくしなくていいのか。

逆に言えば、モテたい奴は女だけに優しくすればいいのか。

やはりこれも自己中心的な意見である。

 

保育園落ちた問題で、話題になったエントリーがある。

 

tororosoba.hatenablog.com

 

今の保育園の問題は、「日本の競争力強化の阻害要因」の問題であって「弱者救済の福祉の不備」の問題ではない。 - 蕎麦屋

これはダメ議論の典型。誰も「都市部の母親たちが子供を預け労働を継続すれば活躍できる」を疑ってないから。この案が完全実現し1億総活躍になれば大半が子供を預け働いても意味のない低賃金しか貰えなくなる

2016/04/05 16:32

b.hatena.ne.jp

 

今の保育園の問題は、「日本の競争力強化の阻害要因」の問題であって「弱者救済の福祉の不備」の問題ではない。 - 蕎麦屋

輝く女性1人を家庭に押し込めれば派遣のおっさんを3人正社員にできる、と提示されればあっという間に分断される地獄もすぐ近くで口を開けてそう

2016/04/05 15:12

b.hatena.ne.jp

 

女を家に閉じ込めれば経済発展するというデータが出たらどうするのか。

それに賛同できるのか。

 

自分でもいったい何がいいたいのか良く分からない。

自己責任について調べるうちに何だか考え方がぐらついてきた。

イスラム国人質は自己責任だと思う。

貧困は自己責任じゃないと思ってた。でも自己責任のような気がしてくる。

木乃伊取りが木乃伊になった。

 

!!!!!!

木乃伊と書いてなぜミイラと読む? | 一学楽校Navi(いちがくらくこうナビ)

関係ないけど、びっくりした。はぁ、そうだったのか。

 

労働者と経営者について考えると

そのアンバランスさがおかしいと思うようにもなる。

もっとみんな起業すれば、ブラック企業なんて怖くなくなるのに。

派遣で不安な毎日を過ごすこともないのに。

全員が起業する必要はないけれど

もっと簡単に起業できてもいいと思う。

起業じゃなくてもいいし、副業でもいいし

手に職を持つでもいいし、資格でもいい。

でもやっぱり自分で経営出来る方がいい。

月1万円を別に稼げるようになった方がいいと思う。

 

釣りが趣味なら釣り教室でも開けば

いくらか収入が入るでしょ?

貧困は人との繋がりがないのも問題になる。

ビジネスをすれば人との繋がりもできるから

少しはマシになる。

というか人との繋がりのあるビジネスをしないといけない。

 

なんていうか、他人のせいにしていては何にも変わらない。

もちろん親のせいだったり政府のせいだったり社会のせいだったりする。

それでも、他人のせいにしている内は何も変えられない。

だって他人は変わらないのだから。

親を殺すことはできても、人生をやり直すことはできない。

世界を呪って生きるより、前を向いた方がいい。

 

政治活動を否定しているわけじゃない。

でも、自分のためにはならない。

政治が動くのはすごく時間がかかるから

法律が出来るころには自分は恩恵を受けられないかもしれない。

それでも、後世の為を思うなら

行動しないといけない。

 

あ?

なんかおんなじことを前にも書いた気がする。

保育園落ちた問題について書いたとき

同じことを書いたのを思い出した。

保育園が増えたころには、保育園が不要な年齢になっているって書いたような。

 

なんていうか、政治活動は余力のあるときにすべきです。

今、自分が困っている時はもっと即効性のあることに目を向けるべきです。

 

自立しないといけない。

専業主婦は弱者だ。

だからDVの旦那でも別れられない。

経済的に自立していたら、離婚できるのに。

他人に頼るというのは、つまりはそういうことなのだ。

 

支離滅裂なエントリーになってしまった。

またいずれ考えがまとまったら、ちゃんとした記事を書きたいです。