読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

勉強を必ず好きになる方法があったらいいね

T大生の独り言 勉強嫌いの人に贈る言葉1

 

T大生の独り言 勉強嫌いの人に贈る言葉1

このとおり、できる人間はできない人間のことを何も理解できないし、理解しようともしないし、上から物を言ってることに気づきもしない。そのくせ理解あるふりをする。ファック。

2009/06/02 00:47

b.hatena.ne.jp

 

いやぁ、その通り。

 

例えば、勉強の嫌いな君でも、ゲームだけは大好きだとしましょう。
特に、FF(ファイナルファンタジー)シリーズは大好き。3度の飯を抜いてでも、ひたすら何度でもやり込みたい。
さあ、この面白さを、他の人にどう伝えたらいい?

たぶん、ゲームを実際にやってみろ、と言うでしょう。
それが友達なら、ゲームを貸して、プレイしてみろとひたすら薦めるでしょう。
しかし、その友達は、「つまらない」といって返してきた。
やってみた?と聞くと、「10分くらいね、面白くなかった」という返事。

君はこう思うでしょう。

「おいおい、たった10分で、FFの面白さが分かるわけねぇだろ!」と。

そうなのです。FFをつまらないと言う人の大半は、FFをやったことないか、表面的にちょっとやってみただけなのです。つまり、FFを知らないのです。

 

もし楽しくないのが努力不足だとするなら

そこには性格や個性というものが入り込む余地がなくなる。

個性などない、個体差などない。

全ての人間は勉強を好きになれる。

好きになるまで勉強し続けろ!ということになる。

 

そして続ければ好きになれるのであれば

何にでも応用できそうだ。

むしろ、これを論文にまとめて発表した方がいいのでは?

 

そうすれば日本の学力は上がると思う。

もし、これは本当ならね。

 

あと、勉強が好きになれるかどうかは、勉強を面白く、興味深く教えてくれる先生(学校でも塾でも家庭教師でもいい)に出会えるか、にも、やはり大きく関係してくるので、頑張って自分の勉強の「師」を見つけ出してください。

 

最後の文章が、自分の理屈を否定している気がする。

 

さて、もう一度フロー理論を読み直そうかな。

没頭する状態について研究した人の本。

三分の一読んだけど、良く分からないので読むのを止めた。

どうやったらフロー状態に入る条件は分かるけど

必ずしも全員がフロー状態になるわけではないらしい。

 

依存症について記事を書くためにも、やはりこの本は読破しないといけない。

blogs.itmedia.co.jp

 

ブクマ数がすごい割に、コメントはたいしたことない。

みんな、理解してるの?それとも後で読むの?

後っていつよ・・・。

 

はてなブックマークでフロー状態で検索すると

フロー状態について書かれた記事がいくつか出てくる。

どれも数百ブックマークが付いているので

それなりに意味のある記事だと思うので順番に読んでみようと思う。 

 

フロー体験 喜びの現象学 (SEKAISHISO SEMINAR)

フロー体験 喜びの現象学 (SEKAISHISO SEMINAR)

 

 

f:id:parthur:20160627101626p:plain

 

この本は超、読みにくい。

長いし言葉遣いが難しいし。

amazonレビューで難しくないって書いてる人は

普段からこのレベルの本ばかり読んでるからだろう。

新書を読む程度では、この本は難しい。

まぁ、新書でも本格的に調べて書かれた新書は難しい。

OECDの本は読む気がしない。 

読みたいから買ったけど、内容が濃いので挫折中。

 

OECD(経済協力開発機構)―世界最大のシンクタンク (中公新書)

OECD(経済協力開発機構)―世界最大のシンクタンク (中公新書)

 

 

でも、読みやすい本もある。

 これとか

 

これとか

非属の才能 (光文社新書)

非属の才能 (光文社新書)

 

 

読みやすいから、内容がないという訳ではない。

しかし普段から本を読む習慣をつけることは大切である。

そして徐々に難しい本を読めるようにしたほうがいい。

 

いざ、自分の読みたい本があっても

書いてあることが難しすぎて理解できないことになるから。

 

もちろん分からないことは人に聞くと決めて

コミュ力を高めるという方法もある。

必ずしも読書をしなければならない理由はない。

 

今は色んな人がtwitterをやったりブログをしているから

専門家に聞くことも容易である。

専門家に聞いてその答えが理解できるかどうかは、別問題だけれども。