読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

エゴグラム診断

f:id:parthur:20160704114412p:plain

 

 

性格
自信喪失のタイプであると、申し上げて置きましょう。極言すれば、貴方の肉体は自主独立の魂を欠いた、一種の抜け殻的な存在とも言える訳で、周囲の人々の圧力や示威が、世に云うテレパシーのような形で、貴方の中へ入り込んで来て、貴方の言動を、あれ、これと、操縦して仕舞う訳です。いわゆる強度な自己不全観念の持ち主と云う事になります。云うなれば、人に良く思われたいと云う気持ちが、強すぎると共に、自分が役立たずや能無しではないかと云う劣等感も強く、過敏型ないしは、強迫神経症型の、性格異常を招き易いのです。今後は、もう少し自分に自信を持つ事です。自分より尚一層、下らない人間、詰まらない人間、役立たずの人間は、この世に数限りなく居るのだと云う事を、常日頃から、自分に云い聞かせるようにすると共に、周囲の人々も一皮剥けば、自分と五十歩、百歩であり、自分は唯、根暗(ねくら)で表現力が無いのと、物事に正直なだけに、悩むことも人一倍多い、本当に人間らしい人間なのだと、全てを良い方へ解釈し、胸を張って開き直る事です。

 

恋愛・結婚
詰まらない相手に、一度引っ掛かって仕舞うと、方向修正や出直しの容易に出来ない性格だけに、一生を棒に振って仕舞うような危険性も、かなり高いタイプです。結婚後は相手に対して、箸の上げ下げにまで気を使うような、姑息な配慮の仕方では無く、相手に貴方と結婚して、本当に良かったと思わせるような、大きな愛情、巧まざるユーモアなどを身に付けるように、心掛けるべきです。

 

職業適性
芸能、芸術、文芸などの分野には、殆ど適性が無いでしょう。事業家、政治家、治安関係公務員、法律家、金融業、質業、医師などにも不向きです。保母(父)、看護婦(士)、単純サービス業、一般公務員、一般事務員などでしたら、別に性格的な面からの差し障りはありませんが、中間管理職などになった場合には、上下の板挟みで、かなりの苦脳を覚悟しなければならないでしょう。

 

対人関係
もう少し図太くなる事を心掛けると共に、人生に対して、もっと積極的に好奇心や探求心を持ち、自分にも他人にも、もっと厳しく無闇矢鱈(むやみやたら)な妥協を排することです。

 

生きているのが不思議!

何年か前に診断したときは、もうちょっとマシだったけどなぁ。

 

瞑想と運動と野菜と睡眠をしっかり続けて

数か月後にもう一度、診断してみる。

 

会社で怒られ続けて、雑談が出来ずに職場で浮くという

地獄を経験したせいで、自信喪失に拍車がかかったな。

 

あなたは生きているだけで意味がある

あなたは生きているだけで意味がある

 

 英語の教科書で、彼の人生を題材にした文章があったな。

なんというか、五体不満足でも不倫できる人もいるんだし

人間、不可能はないのかもな。

 

でも、そういってしまうと人間の性格は矯正できるみたいな言い方になる。

寂しい老後を送っているのは、人間関係を築かなかった本人のせい、自己責任だ。

みたいなことを、聞いた。

 

精神論というのは、本人が頑張ろうと思って立ち上がるときは

すごく役に立つし、勇気づけられる。

しかし、他人から命令されるときは、まったく逆の効果になる。

取り扱いには注意しないといけない。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 生きてるだけで価値がある。

それがアドラー哲学である。