読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

自分たちの経済圏を作りたい。

思うままに書いたら適当な記事になりました。

アルバイトの話は最初だけで、全然関係ない話になります。

 

「アルバイトから正社員」と検索をかけても、雇用側の情報がでない。

ネットは何でも調べられると思っていたのは、いつの頃か。

学歴不問でとりあえず、アルバイトで雇ったらいいじゃん。

面接で本当に見抜けるの?

むしろ、どんな仕事でも一生懸命やる人の方が重宝されるんじゃない?

やりたい仕事がある人は入社して

思ってたのと違うとすぐに辞めてしまう。

最初は、下積みが必要なんだからそれを覚悟して欲しい。

入社1年目で企画なんて任せられないでしょ。

 

最初からアルバイト以外からは社員登用しませんって銘打って

アルバイトの中から、仕事ぶりを見て順次採用したらどう。

これってなんか、法律違反してる?

なんか法律違反してそう。

よく分からんけど。

 

アルバイトの話はここまで。

あとは今、思っていることを書きました。

 

多角経営したい。

言葉は大層だけど、いろんな業種のお店をしたい。

1店舗ずつでいいから、経営したい。

まぁ現実にはそういうお店を経営している人に協力してもらうのが

妥当なんだろうけど。

 

グループ企業みたいにして、その中で人事異動ができるようにしたい。

中小零細自営業を一つの組織にする。

そこで、この人はこういう能力があるから

この会社の方が能力を活かせる、みたいに

柔軟な人事異動ができたらいいと思う。

 

面接も本人と一緒に雇用者も行って

どういう人間か説明すればいい。

雇用者からの視点があるのは、メリットになると思う。

 

あぁ、これは親が面接についていくのとはわけが違う。

それはただのモンスターペアレンツだ。

 

なんで地域で一つのグループ企業にするのかと言えば

解雇されても次の就職を用意にするためだ。

経営が苦しい時は、一時的に解雇して

経営を立て直す。

でも、就職先をきちんと面倒見るようにする。

 

今でもそういうことをしている会社もあると思うけど

きちんとマニュアル化して組織化できないかなと思う。

競合他社と協力すべきかどうかは問題だけれども

例えば、買い物難民向けの移動式スーパーは

スーパーの近くや、自営業の近くでは販売しないようにしている。

必ずしも競争が良い結果を生むわけではない。

 

service-award.jp

 

サービス名
社会貢献型移動スーパー「とくし丸」


事業者名
株式会社とくし丸(徳島県


選考理由
買い物弱者に商品・サービスを届けるため、販売パートナー、地元商店、本部(とくし丸)の三者で展開する日本初のモデルの移動スーパー。契約者への週2回の巡回訪問は高齢者の「コンシェルジュ」や「見守り」としても機能し、社会貢献性が高い。周囲の小規模商店との競合を避ける300mルールを設けるなど地域との共存を実現している。すでに徳島県の人口比で約80%のエリアをカバーしており、本サービスモデルの全国展開が始まっている。

 

集落の人たちの暮らしを第1に考えて設立された共同売店「高知県四万十市」◆1/4

「住民出資の株式会社」の可能性2:生活に不可欠な社会インフラとしての企業

沖縄と波照間の共同売店

 

共同売店という考え方は非常に参考になる。

もちろんこれが可能なのは競合他社がいない地域

言い換えれば入れないニッチな市場だから可能なのだろう。

 

生協と似たシステムと書いてあるが、生協がどんな仕組みか知らない。

今度調べてみる。

 

脱資本主義 せまく、ちいさく、ゆっくりと - ペンドラゴンの日記

 

もっと地域のつながりを濃くする必要があると思う。

そしてそのためには個性を尊重しないといけない。

自分達と違うものを排除していては、救われない人がどんどん出てくる。

 

地域のつながりと言うと昭和を連想させるが、そうではない。

差別をなくし多様性を尊重した上で、地域のつながりを濃密にする。

そのためには、まず色んな人がいることを知ってもらわないといけない。

普段から、情報交換をする必要がある。

 

コミュ障の私がこんなことを書くのは自己矛盾しているのだけれども

だからこそ、人との交流と情報不足が致命傷になるのを身をもって知っている。

 

仲良くしましょう、では仲良くならない。

いじめや、差別が増長してしまう可能性もある。

仲介役が必要になる。

きめ細かいサポートが必要だ。

そして、政府の力を借りずに自分たちで何とかする必要がある。

 

そこで、私は一つの村を作りたいと思う。

最初から住んでいる人に強制することは難しい。

しかし、その共同体に賛同する人に移住してもらって

そこで組織を大きくしていきたい。

 

EU離脱とか、ほんとどうでもいい。 : まだ東京で消耗してるの?

基本的な経済を自分たちの地域で完結させることなのでしょう。食材やエネルギーは地域で自給し、外の世界から買わない。やることはシンプルで、それは決して難しくありません。

 

まぁ、あれです。

かつて僕が2ちゃんにいたころによく見ていたスレッドの影響です。

ボロアパートを借りてだめ寮を作ろう、とか(だめ人間が集まって傷をなめ合うため)

孤男(孤独な男性)が集まって島に住もうとか、

そんな感じです。

 

シェアハウスについて記事を書いているのもそんな感じです。

 

所謂、互助会ですね。

互助会は大事です。

 

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)