読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

私の政治の考え

憲法改正

96条

憲法96条改正を改正して国会議員の3分の2の賛成が必要という高いハードルを、緩和した方がいいと思います。最終的に国民投票で過半数の支持を得られないと、改憲はできないのだから、問題はないと思います。むしろ国民投票憲法を決めることは、民主主義的、立憲主義的だと思います。

 

国民投票

そもそも憲法改正ってどうやるのか、いまいち分かっていません。まさか自民党憲法か現憲法か2者択一なんて投票じゃないでしょ?何条かまとめて国民投票できるのでしょうか。96条改正と9条改正を同時にするなんてことがあったら、それこそややこしくなります。
 

総務省|国民投票の仕組|投票

憲法改正案が複数ある場合

投票は、憲法改正案ごとに一人一票となります。これは、国会における憲法改正案の発議が、内容において関連する事項ごとに区分して行われるためです。 投票用紙も憲法改正案ごとに調製されます。投票の流れとしては、個別の憲法改正案ごとに投票用紙を受け取り、記入をし、投票箱に投函し、その後、次の憲法改正案の投票に移るという方法が想定されます。

 

何個も同時に改憲されたらたまりません。時間とお金がかかっても1回に1個ずつ改憲していって、その都度国会で議論して欲しいです。

 

憲法裁判所

日本には憲法裁判所が存在しません。日本は憲法違反かどうかは実際に問題が出て始めて、それが違憲かどうかが審議されます。安保法案も実際に自衛隊の出動命令が出て、自衛隊員が拒否して裁判にならないと、違憲か合憲か裁判所は審議できません。だから、憲法裁判所を設置すれば、具体的な案件がなくても抽象的な事案であっても憲法を審議できるようになります。ただし憲法81条を改正しないと、憲法裁判所は設置できません。

 
最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。
 

9条

9条を改正すべきです。自衛隊はどう見ても軍隊なので現状追認をすべきです。自衛隊は軍隊じゃないなんて詭弁はさっさと止めるべきです。ただし、自衛隊の海外派遣はもっと議論すべきです。イスラム国を放置すべきか考えないといけません。自国だけ守れば良いのか、それとも難民の原因となっているテロリストを壊滅させるか、考えないといけません。
 

国連改革

国益

自国の利益を守るのは当然です。しかし、それでは戦争はなくなりません。正義の戦争なんて言葉は使いたくありませんが、実際に武力行為を止めるには武力しかありません。そのために国連軍を作る必要があります。現在は多国籍軍であって、国連直属ではありません。撤退するかどうかは各国に権限があります。そうではなく、国連が直接、国益とは無関係に戦争や紛争に介入して、停戦させる必要があると思います。
 

常任理事国

今の国連では無理でしょうね。日本は未だに敵国ですし、中国とロシアが常任理事国にいます。他の常任理事国既得権益を手放したくないでしょう。今の国連を改革するよりも、新しく世界政府を作った方が早いように思います。国連という名前もunited nationsで第二次世界大戦連合国という名前です。日本は無理矢理な和訳をして国民感情を逆なでしないように気を使ったのでしょう。
 
国連には常任理事国があります。この常任理事国は全会一致でないと決議できません。中国かロシアが反対すれば、国連は何もできないのです。国益と無関係に正義を目指すべきです。
 

世界政府

世界政府に大統領は不要だと思います。常任理事国の強い権限を廃止するのは目的ですから、それ以外は変える必要はないと思います。常任理事国の既得権の廃止と世界政府軍を作るだけで意味があると思います。国家をなくす必要はありませんし、通貨もそのままでいいと思います。新しく通貨を発行してもいいですが、統一する必要はないと思います。
 

安楽死

死のコントロール

憲法や世界政府とは無関係になります。正直、この記事に書くのは無理があるかなぁと思いますが、私の政治的な考えなのでまとめて書いておきます。安楽死施設を作ってほしいです。健常者でも死ねるようになったらいいと思います。今までは死はコントロールできないもの、恐ろしいものという考えでした。しかし自分の意志で死ねるようになるのであれば、それは恐れるものではなくなります。むしろ旅立ちを喜べるようになるのではないでしょうか。
 

無言の圧力

安楽死を認めると、周りからの無言の圧力がかかると思います。お前みたいなゴミはさっさと死ねと、直接口に出して言われなくても、嫌がらせをさせられて、仕方なく死を選ぶ人も出てくると思います。しかし、それは安楽死とは関係なく対処すべきです。死にたくない人を死なせる施設ではありません。
 
その部分に関しては議論の余地があると思います。
 
日本国憲法を口語訳してみたら

日本国憲法を口語訳してみたら

 

 まとめサイトで読んだのに、わざわざ買ってしまった本。なんとなく本屋で衝動買いしました。