読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

残業ゼロにも給料支給 (と著作権の話、むしろこっちの方が長いです)


ツイートを埋め込んでみました。
WBSで興味のあるニュースをブログで考察することにしました。
twitterでは文字制限の為、おそらく書ききれないと思うし
調べながら記事を書くことになるのでPCで作業するので
ブログで書くことにしました。
なにより、ブログの更新が暫くご無沙汰していたのでちょうど良いと思います。

 

特集 残業代ゼロでも残業代がもらえる!

以前 50~60時間

2014年度 18時間

 

SCSKの残業をしていなくても一律20時間(入社7年目以上は34時間)の残業手当が付くという制度

 

さて、これは残業代と言えるのか疑問だ。
もし残業したら、どうなるのだろうか。
残業しなくても、20時間の残業手当がつくが
月20時間の残業をした場合、追加の残業代は
出ないのではないだろうか?
21時間になって1時間分追加されるのでは?
となると、残業してもしなくてもお金が貰えるなら
残業はしたくない。
なんだか面白い制度だ。
残業するな、と言われても残業せざるを得ない場合があるし
モチベーションも上がらない
してもしなくても、お金が貰えるなら
誰だって残業なんかしたくない
社員が率先して、残業を減らそうとする
結果、社員の不満も少なく残業を減らせる
面白い取り組みです。

 

追記

いったい、いつのニュースだよって自分で突っ込みを入れたくなります。

別のブログからこっちに持ってきました。

 

kakeru.me

ニュース画面のキャプチャを掲載しようかと思いましたが止めました。

これは著作権的にどうなんだろうかと思います。

私の文章が主で画像が従の関係であれば、引用が認められるそうです。

む、難しい。

これが非営利なら認められる可能性もありますが、将来このブログを収益化することがあれば、アウトになるのでやっぱりやめときます。

 

www.tamura.tottori.jp

 

あと、自分で書くのが面倒だったので、他人のツイートも埋め込みしていたのですが、これもアウトかなと思い、自分でまとめ直しました。まとまってないけど。上の記事を見る限り大丈夫そうですね。

 

最近YouTubeの音楽の埋め込みが問題であるという記事を見ました。

bobcoffee.0012.org

 

blogos.com

 

最近の記事にyoutubeの動画を埋め込んだものがあります。

(1)本件動画は,著作権者の明示又は黙示の許諾なしにアップロードされていることが,その内容や体裁上明らかではない著作物であり,少なくとも,このような著作物にリンクを貼ることが直ちに違法になるとは言い難い。

恐らく明らかに著作権侵害だと思われる動画を貼るのは違法だということです。

分かりづらい動画の場合は、問題ないようです。

この裁判で問題になっている動画は、ニコ生を誰かが転載した動画に埋め込みをしたそうです。ニコ生の転載であれば、それが本人がアップロードしたのか、転載なのか判断が難しいです。故に、この裁判では違法にならなかったのでしょう。

 

埋め込みじゃなくてリンクも違法です。

じゃあ、「youtubeに動画があると思うので、見てください」というのはどうだろうか。

これは、どうなんだろう?

「大手動画共有サイトに動画があるかもしれない。しかし著作権侵害の動画かもしれない。私はその動画を視聴することを勧めない。」という回りくどい表現なら大丈夫かな?一応、見るなよって警告してるし。いいか、絶対見るなよ!

 

ちなみに、僕が過去に貼り付けたyoutubeの動画は著作権侵害であることが分かったうえで、貼り付けているので著作権侵害幇助になってしまいます。

 

急いで消さなければ!

 

だがちょっと待ってほしい。

はてなの公式機能のリンクに表示されるサムネイルも

それが明らかに著作権違反だと知っていれば、サムネを消さないといけない。

もちろん、違反かどうか分からない場合は問題ない。

何か言われたら消せばいい。

しかし気を付けないといけない。

 

amazonの画像は問題ないと思う。たぶん。

www.tama200x.com

 では実際にアマゾン・サイトの画像をブログ素材画像として利用し、その画像からリンクを貼ることはどのように解釈されるのでしょうか。

元記事では次のように取り扱われています。

具体的な商品名が紹介されていない
「シリーズ名」は表記されているが、「商品名」は表記されていない。したがって記事を読む限り具体的な商品名はわからない
画像をクリックすることで、商品への誘導することがわからない
「画像の説明」に画像をクリックすることでアマゾンへ誘導されることは記事中には表記されていない。画像をクリックすることで関連商品のページに遷移するのは一般的ではない
「商品を紹介し誘導する」というのが、Amazonアソシエイト・プログラムの目的であることから考えると、元記事のような利用方法は、商品を明示的に紹介せずかつ明示的に誘導していないこの利用方法は、上記の理由により目的外の利用と判断される可能性はないとは言えません。

 

はてなの機能に画像だけ表示する機能がありますけど、これってまずくないですか?

amazonの表記もないし。

最近の記事は、画像だけだとリンクかどうかが分からないから

詳細が分かるようにamazonのリンクを貼っています。

しかし、数か月前の記事は画像だけを貼り付けています。

画像だけを使う場合は自分で、説明しないといけないのかなぁと思います。

amazonへのリンクだと分かれば問題ないと思います。

著作権って知らないことが多いですね。

 

中国人を馬鹿にしてる人も

案外著作権について分かってない人多いんじゃないんですかね?

 

著作権とは何か―文化と創造のゆくえ (集英社新書)

著作権とは何か―文化と創造のゆくえ (集英社新書)

 

 買ったけどまだ読んでないです。読まなければ!

 

bizmakoto.jp

「今や多くの個人サイト、ブログがアフィリエイトを導入している。有名曲の歌ってみた系動画が埋め込まれているからといい、それらすべてに対しダメ出しするのは非現実的な話だ。あまりに派手にやっているのは問題があるが……」

 「動画サイトの利用者が増加し、アーティスト側からすると動画サイトがプロモーションの場として利用されている昨今、権利者、投稿者、動画サイト、JASRAC、動画利用者と、それぞれにメリットがもたらされるエコシステムが形成されている。白か黒かで一刀両断に断ずることはできない」

 

JASRACさんはこう話しています。

リンクや動画埋め込みは自己責任でどうぞ。

 

JASRACに聞いてみた:有名アーティストの動画をブログに埋め込んだら使用料を請求されるのか? (1/4) - Business Media 誠

“動画へのリンクを張るだけなら許諾不要。ただし、埋め込みは、配信の主体がサイト側になるので(中略)有名アーティストのPVや演奏動画を埋め込む場合、権利者(アーティストや楽曲管理者)の許諾が必要”

2013/09/28 10:10

b.hatena.ne.jp