読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンドラゴンの思索

市井の哲学、生きることは考えること

アマチュアなら無償で仕事を依頼しても良い

プロに無償で仕事を依頼してはいけない、という記事を見ました。

そして、クリエイターはタダで使おうという記事も見ました。

そしてその両方を解説しているブログが良かったです。

別にプロに無償で仕事を頼んでもいいけど、当たり前にやってくれるとは思わないでねって話 | つくるひとサプリ

 

需要と供給のお話しなんだと思う。

プロは需要が多いから金額も高くないといけない。

でも駆け出しやアマチュアは需要がないから安くても

とにかく仕事をして実績を残したい。

 

プロだって凄く知名度の高いものなら

無償で提供することもある。

それは自分の宣伝になるから。

 

アマチュアとプロが同じ値段な訳がない。

そしてアマチュアとプロが同じ技術な訳がない。

プロに頼めば高額だが、良いものが出来る。

アマチュアに頼めば安いが(あるいは無料だが)、できは良くない。

 

無償で仕事をしてくれる人を募集してもいいと思う。

上のブログで紹介されているのは

このブログ。

d.hatena.ne.jp

 

天王寺区広報デザイナー」無償の募集について - Change.org→コチラ

大阪市天王寺区役所が「デザインの力で、行政を変える!!」をキーワードに広報デザイナーを募集するも、区ホームページ・広報紙等にて名前を紹介する代わりに"無償で"制作することが条件だったため、撤回の署名活動が行われている

※追記※これら抗議を受けて大阪市は「学生やアマチュアのボランティア募集」に変更するも、最終的に計画は中止となりました。

 

私はアマチュアやボランティアの募集は問題ないと思います。

タダでもやりたい人はいるでしょ。

無名の人に機会を与えるのはいいことだと思う。

googleアドセンスだってお金払ってまで広告している。

自分の名前の宣伝だと思うならタダでも安いはず。

むしろお金を払ってでも仕事をしてもいいぐらい。

 

このブログのブコメで友達と関係か壊れるとか

業界の価格破壊につながるという意見がある。

 

友情が壊れるのは仕方ないと思う。

永遠の愛など存在しない。新しい友達を探そう。

 

業界の価格破壊は利用者にとってはいいことだと思う。

低賃金化やブラック企業が蔓延する可能性もあるが

それは利用者には無関係だ。

いやならクリエイターなんて辞めてしまえばいい。

もちろん低価格で引き受けるのを止めるように訴えることもできる。

しかし、低価格あるいは無償で受ける自由もある。

もし、低価格あるいは無償でないと仕事がなくなるのなら

それが世間の需要だし、受け入れるしかない。

 

自分の名前にブランドイメージを持たせて

高価格路線で勝負すればいい。

 

さて、大塚家具はニトリIKEAと勝負するようだけど

勝てるのだろうか。

有名ブロガーは薄利多売主義をすてて、ファンを集めて高級路線に変更している。

有名ブロガーは大塚家具の父親路線を取ったのだ。

 

どっちがいいかは分からない。

ただ値段というのは道徳ではなく、市場原理で考えるべきだと思う。